FC2ブログ

8月23~25日 みんなでワイワイ!ユネスコひろば



事務局です。
8月23日(金)~25日(日)、イオンモール橿原 サンシャインコートにて
『みんなでワイワイ!ユネスコひろば』を開催しました。

ユネスコひろばは、
『いっぱい笑って いっぱい楽しんで それから 平和のこと 考えようか』
をコンセプトとして、8月23日~24日は『絵の本ひろば』を行い、
25日は『絵の本ひろば』をベースに『古代衣装で記念撮影』『平和の木を作ろう』『ユネスコクイズ』などのブースを設けました。
サンシャインコートは終日大盛況で、延べ5,610人の来場者にご参加いただきました。


20190823ユネスコひろば (1)



20190823ユネスコひろば (2)



『絵の本ひろば』では、絵本・料理本・写真本など600冊が並びました。親子で、おじいちゃんと、友達同士で一冊の絵の本を見ながら楽しむ姿が見られ、やわらかい平和な空間をたくさんの方が共有していました。



20190823ユネスコひろば (3)



20190823ユネスコひろば (5)




『古代衣装で記念撮影』では今の藤原京を背景に美しい古代衣装を身にまとい記念撮影をしていただきました。


20190823ユネスコひろば (4)



20190823ユネスコひろば (6)




『平和の木を作ろう』では、平和な世界ってなんだろう、私たちには何ができるかな?と参加者と生徒が話し合い、3つの平和の木に、葉っぱを貼りました。
『ユネスコクイズに挑戦!』は会場内にいる5人の出題者を探し出し、ユネスコや世界遺産に関する問題を解きました。



20190823ユネスコひろば (7)



20190823ユネスコひろば (8)




今年度は聖心学園中等教育学校の生徒85名にもボランティアで参加いただき、平和に向けたすばらしい活動を繰り広げていただきました。



20190823ユネスコひろば (9)



20190823ユネスコひろば (11)



終日笑顔があふれ、また一歩平和を広げることができました。




7月31日(水)「体感!体験!藤原宮 in こども博」


事務局です。

 近鉄百貨店橿原店にて「夏休みこども博in近鉄かしはら」が7月31日(水)~8月13日(火)に開催され、当協会も7月31日(水)にユネスコ活動のPRブースに出展しました。

PRブースでは、世界遺産「飛鳥・藤原」登録推進協議会と協力し、「体感!体験!藤原宮」を開催しました。

子どもたちは、古代衣装を着て写真を撮ったり、木簡ストラップを作ったりしました。



P1000211.jpg



P1000203.jpg




古代衣装ブースでは、友達と一緒に古代衣装を着たり、家族で写真を撮ったりする人たちで、にぎわいました。

マスコットキャラクターのさららちゃんも来場し、大人気でした。

中には、背景となる藤原宮跡のスクリーンを見て、「私、藤原宮大好き!ゆっくりした気持ちになれるよね」などと話している人もいました。

「藤原宮」や「世界遺産登録」に関心を持つ人たちがどんどん増えていってくれることを願っています。

木簡ストラップ作りも合わせて、のべ75名の人たちに来場していただきました。



P1000209.jpg


 会員の有志の皆さまのお手伝いや、世界遺産「飛鳥・藤原」登録推進協議会のご協力もあり、多くの子どもたちにユネスコ活動や世界遺産登録推進のPRができました。ご協力いただいた皆さまありがとうございました!

『飛鳥・橿原ユネスコ協会2019年度定期総会』を桜井市にて開催しました。


事務局です。


会員124名(5月25日現在)に対し、出席46名、委任状出席47名の計93名で、桜井市立図書館を会場として、『定期総会』を開催いたしました。


21.jpg




最初に、飛鳥・橿原ユネスコ協会の密門会長より開会の挨拶があり、その後、ご来賓代表として、松井桜井市長より心温まるご祝辞をいただきました。


22.jpg


23.jpg


第2部では『記念講演会』を開催しました。
講師として、帝塚山大学考古学研究所特別研究員の甲斐弓子氏をお招きし、「古代飛鳥・藤原時代から消えることのない強い絆-外交から国際性へ-」という演題で、貴重なご講演をいただきました。

24.jpg


25.jpg



第3部の懇親会では、森下橿原市長・植村高取町長のご挨拶の後、和やかに懇親会が進められました。




26.jpg


27.jpg


28.jpg


事務局を含め、43名の参加がありました。約1時間の懇談のあと、森川明日香村長からの力強いご挨拶で閉会となりました。


29.jpg


ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


白橿北小学校6年生、平和を祈る千羽鶴を届ける




事務局です。


10月16日・17日、

ユネスコスクール橿原市立白橿北小学校の6年生が

ヒロシマ方面の修学旅行に行きました。




その1日目にヒロシマ平和公園の『原爆の子の像』にて、慰霊祭を行い、

自分たちの平和宣言と共に千羽鶴を捧げました。

これらの千羽鶴は、全校児童が平和への想いを込めて折ったものと、

去る10月3日に受け渡し式を行った、当協会からの千羽鶴です。



白北慰霊祭





子ども達は、現地ヒロシマで被爆された方のお話や資料等に触れ、

平和に向けた新たに決意と共に「千羽鶴」を捧げました。

「二度と過ちは繰り返しません。」と。


白北千羽鶴捧ぐ




10月22日 第5回会員向け世界遺産連続講座


事務局です。



10月22日(月)、今回で5回目となる「会員向け世界遺産連続講座」が桜井市立図書館で開催されました。



写真1





開会に際し、桜井市文化協会会長で当会理事の小西栄子さんにご挨拶をいただきました。



写真7




今回の講座は、日本最古の道といわれる「山の辺の道」、そこに点在する古事記や日本書紀、万葉集に詠われた歌碑のお話を聞き現地見学に行きました。

桜井市図書館研修室での講演では、公益財団法人桜井市文化財協会 事務局長 竹田勝彦氏をお招きし『山の辺の道 記紀万葉歌碑をめぐる』と題し、お話いただきました。


写真2




竹田さんの歌碑にまつわるお話を聞いた後、現地「山の辺の道」檜原神社周辺の散策に向かいました。



写真3




西に二上山を望む高台には、倭建命(ヤマトタケルノミコト)が詠んだとされる歌を川端康成の筆跡で記した碑がありました。

『大和は国のまほろばたたなづく青垣山ごもれる大和し美し』(古事記 倭建命)



写真4



写真5




山の辺の道には現在62の碑があるそうです。夕暮れの二上山を眺めながらのひととき、万葉人の思いに心を馳せました。


写真6



プロフィール

飛鳥・橿原ユネスコ協会

Author:飛鳥・橿原ユネスコ協会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR