FC2ブログ

10月22日 第5回会員向け世界遺産連続講座


事務局です。



10月22日(月)、今回で5回目となる「会員向け世界遺産連続講座」が桜井市立図書館で開催されました。



写真1





開会に際し、桜井市文化協会会長で当会理事の小西栄子さんにご挨拶をいただきました。



写真7




今回の講座は、日本最古の道といわれる「山の辺の道」、そこに点在する古事記や日本書紀、万葉集に詠われた歌碑のお話を聞き現地見学に行きました。

桜井市図書館研修室での講演では、公益財団法人桜井市文化財協会 事務局長 竹田勝彦氏をお招きし『山の辺の道 記紀万葉歌碑をめぐる』と題し、お話いただきました。


写真2




竹田さんの歌碑にまつわるお話を聞いた後、現地「山の辺の道」檜原神社周辺の散策に向かいました。



写真3




西に二上山を望む高台には、倭建命(ヤマトタケルノミコト)が詠んだとされる歌を川端康成の筆跡で記した碑がありました。

『大和は国のまほろばたたなづく青垣山ごもれる大和し美し』(古事記 倭建命)



写真4



写真5




山の辺の道には現在62の碑があるそうです。夕暮れの二上山を眺めながらのひととき、万葉人の思いに心を馳せました。


写真6



スポンサーサイト



プロフィール

飛鳥・橿原ユネスコ協会

Author:飛鳥・橿原ユネスコ協会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR