FC2ブログ

被災地に立って・・・

当協会の相談役が、先日、東北の震災被災地にボランティアに行かれたとのこと。
その感想を綴って頂きました。

------------------

6・22日~25日
岩手県陸前高田市に生協主催の震災地支援ボランテイのアツアーに行ってきました。
大阪から夜行バス往復とも14時間の旅でした。
現地ではサッカー場整備などのささやかなお手伝いでした。
しかしそれはともかく、東北特にこの地を襲った14メートルもの大津波による大惨害の現地へ行って、
息をのみました。
まずは何より現地の被災し、亡くなられた方に黙祷をささげ、被災され今尚苦闘されている方々の気持ちに寄り添うのが精一杯でした。
もう1年3ヶ月にもなるのに瓦礫は大分かたずいたものの、復興は進んでいるように見えませんでした。
支援もさき細りになっているようです。
平和で安全が保たれている奈良盆地にいるとともすると記憶が薄れますが、
被災地への思いを常に忘れてはなりません。全国のユネスコも継続して支援を続けています。
当ユネスコ協会も何らかの継続取り組みを考えていきたいですね。

陸前高田には有名な奇跡的に大津波の中生き7万本中生き残った一本の松ノ木があります。
この松ノ木が人々に希望を与え続けえました。しかしいまや枯れかけておるのを必死に維持されています。
その写真を添付しました。
TVでみるよりやはり現地へ行くことが実感につよいことを痛感しました。

2012_7_7onepinetree.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

飛鳥・橿原ユネスコ協会

Author:飛鳥・橿原ユネスコ協会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR