FC2ブログ

2020 みんなでワイワイ!ユネスコひろば




事務局です。


8月22日(土)、23日(日)の二日間、今年で4回目となる『みんなでワイワイ!ユネスコひろば』をイオンモール橿原で開催しました。


チラシ表 2020みんなでワイワイ!ユネスコひろば_page-0001


チラシ裏 2020みんなでワイワイ!ユネスコひろば_page-0001



今年は来場者とスタッフの安全を守るため、「新型コロナウィルス感染症対における奈良県対処方針」及び「新型コロナウィルス感染症対策橿原市基本方針」に基づき、会場であるイオンモール橿原と協議の上、本事業に係る感染症対策ガイドラインを策定しての実施でした。








1-1コロナ対策パネル掲示
【コロナ対策のパネル掲示】



1-2個票記入、マスク、消毒案内
【手指消毒、マスクの着用、個票の記入】



1-3本の消毒
【本の消毒】



1-4マットの消毒
【マットの消毒】



1-5距離を保ったコミュニケーション
【距離を保ったコミュニケーション】



1-6対策いろいろ
【対策いろいろ】




密を避けるため人数制限や滞在時間の制限も想定していましたが、家族・グループごとに距離をとっていただくなど、来場者のコロナ対策へのご協力もあり制限を行うことなく、ゆったりとした“ひろば”になりました。



2-1.jpg


2-2.jpg


2-3.jpg


2-4.jpg


2-5.jpg


2-6.jpg


2-7.jpg





また、初日には森本会長(橿原商工会議所会頭)、亀田顧問(橿原市長)、森川顧問(明日香村長)にご視察いただきました。



3-1森本会長
【森本会長】



3-2亀田顧問
【亀田顧問】




3-3森川顧問
【森川顧問】





2日間にわたり開催したユネスコひろばでは、212組、589名の方にご参加いただき、コロナに疲弊した日常を少しだけ忘れ、笑顔があふれる穏やかな時間が流れていました。




スポンサーサイト



世界寺子屋運動支援『書き損じハガキの収集』




事務局です。

本会では、途上国のこどもと大人に学ぶ機会(寺子屋)を提供する『世界寺子屋運動』に賛同し、書き損じハガキを収集しています。集まったハガキは切手に交換し、(公社)日本ユネスコ協会連盟に寄付しています。


収集活動は本会の活動地域(橿原市・桜井市・高取町・明日香村)の小中学校や公共施設と協力して行っています。


その協力校である橿原市立八木中学校では、生徒会活動の一環として収集に取り組んでいただいており、取組成果である書き損じハガキの受け渡し式が2月19日(水)に行われました。


20200219-1.jpg




20200219-2.jpg




式では生徒会から書き損じはがき収集ポストがユネスコ事務局に渡され、西谷事務局次長から「世界の学校に行きたくても行けない子どもたちに向け、この書き損じハガキを使わせていただきます。


今後もこのような活動を広めてください。」との挨拶がありました。


また、本年度の本会事業成果としましては、ハガキ1,775枚と切手30枚が集まり、合計92,977円分の寄付を(公社)日本ユネスコ協会連盟に寄付しました。


今後もこの活動を通して飛鳥・藤原の地より、世界の貧困地域の教育支援を続けていきます。


白橿北小学校6年生、平和を祈る千羽鶴を届ける




事務局です。


10月16日・17日、

ユネスコスクール橿原市立白橿北小学校の6年生が

ヒロシマ方面の修学旅行に行きました。




その1日目にヒロシマ平和公園の『原爆の子の像』にて、慰霊祭を行い、

自分たちの平和宣言と共に千羽鶴を捧げました。

これらの千羽鶴は、全校児童が平和への想いを込めて折ったものと、

去る10月3日に受け渡し式を行った、当協会からの千羽鶴です。



白北慰霊祭





子ども達は、現地ヒロシマで被爆された方のお話や資料等に触れ、

平和に向けた新たに決意と共に「千羽鶴」を捧げました。

「二度と過ちは繰り返しません。」と。


白北千羽鶴捧ぐ




10月22日 第5回会員向け世界遺産連続講座


事務局です。



10月22日(月)、今回で5回目となる「会員向け世界遺産連続講座」が桜井市立図書館で開催されました。



写真1





開会に際し、桜井市文化協会会長で当会理事の小西栄子さんにご挨拶をいただきました。



写真7




今回の講座は、日本最古の道といわれる「山の辺の道」、そこに点在する古事記や日本書紀、万葉集に詠われた歌碑のお話を聞き現地見学に行きました。

桜井市図書館研修室での講演では、公益財団法人桜井市文化財協会 事務局長 竹田勝彦氏をお招きし『山の辺の道 記紀万葉歌碑をめぐる』と題し、お話いただきました。


写真2




竹田さんの歌碑にまつわるお話を聞いた後、現地「山の辺の道」檜原神社周辺の散策に向かいました。



写真3




西に二上山を望む高台には、倭建命(ヤマトタケルノミコト)が詠んだとされる歌を川端康成の筆跡で記した碑がありました。

『大和は国のまほろばたたなづく青垣山ごもれる大和し美し』(古事記 倭建命)



写真4



写真5




山の辺の道には現在62の碑があるそうです。夕暮れの二上山を眺めながらのひととき、万葉人の思いに心を馳せました。


写真6



飛鳥・橿原ユネスコ協会2018年度定期総会


飛鳥・橿原ユネスコ協会事務局です。

41名の会員の皆様の参加と46名の委任状提出を受け、
計87名で、明日香村健康福祉センターにて『定期総会』を開催いたしました。


20180512総会会長挨拶


最初に、飛鳥・橿原ユネスコ協会の密門会長より開会の挨拶のあと、
ご来賓代表として明日香村森川村長よりご祝辞をいただき、世界遺産登録に向けて強いメッセージを受けました。




第1部の定期総会の後、第2部では『記念講演会』を開催しました。
講師の先生は、奈良民俗文化研究所代表の鹿谷 勲氏でした。


20180512総会記念講演会


「奈良県の民俗文化遺産」と題して、地域の豊かな民俗文化の営みの紹介と民俗文化遺産を
これからの生活にどのように活かせるかが重要であると問題提起していただきました。





第3部の懇親会では、森下橿原市長のご挨拶をスタートに和やかに懇親会が始められました。
   

20180512懇親会橿原市長挨拶


事務局を含め37名の方の参加がありました。約1時間の懇談のあと、
高取町安田教育長から締めくくりのご挨拶で閉会となりました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


プロフィール

飛鳥・橿原ユネスコ協会

Author:飛鳥・橿原ユネスコ協会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR